2008年03月19日

振り返れば奴がいる

kamelliaってば将棋が似合うとか、よく言われるのですよ。

我ながら何を根拠にそんなことを言われているのかよくわからないのですが。
棋士といえばこれはもう知的な人たちですから、私に知的な風情があるだとか?
といった妄想も可能なのでこれはなかなかに洒落たお世辞なのかもしれません。
私は…やまいだれのほうがせいぜいです。

また一方の可能性と致しましては、
平安時代に天才として知られ活躍したが卑劣なイカサマに遭い、
その敗北の恥辱に耐え切れず自ら死を選んだ挙句、
やはりと言うべきか未練を残して残留してしまった霊が
取り憑いているのが見える人には見えるとか、でしょうか。

私も覚悟を決めて神の一手を目指すべきなのでしょうか。
そしてヨコシマなおなご衆のよからぬ趣味の題材に使われるのですね。
売り上げの為なら致し方なし。

囲碁と違って将棋のルールは平安時代と現代では大きく変化をしているので、
中世の背後霊の出る幕はあまりないと思います。

そんな私ですが、先日、対局の機会を持ちまして。

 続きを読む
posted by Kamellia at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

百年の大計

ブログの存在を正直なところ、失念しておりました。
皆様もきっとお忘れのことでしょうから、
アクセスも全くないのでしょうね。それも都合が良いかもしれません。

あ、そうそう、大分前のことになりますが、このブログはmixiから外してあります。
どうも、自由で無責任な発言をするには不向きなところなので。
間違っても本当の話など書けませんよね。どうせ書きませんが。
覗き見用にアカウントは残しておきますが、いずれ削除の対象になるやもしれません。
そもそも私は、他人様の褌を借りて株式を上場するような姿勢が、
どうにもこうにも鼻持ちならないもののように思えてしかたがないのですよ。


それはさておき、いつもの愚にもつかないうわ言を述べてみましょう。

いつまでも消費税の話を先延ばしにしている宰相や、
来春には所得税率が上がるのに全くニュースにしないメディアを横目に、
つくづく思いますが、私は責任のない立場でとっても幸せです。

責任ある立場の方々はなんといっても責任を問われますから、
どうしたって目先の利益を優先しなくてはなりません。
分かり易く成果を挙げて、それを喧伝する必要があるのです。
この、喧伝の部分を疎かにする人を職人気質と言うのですが、
現代の日本においてはこれは愚かなことこの上ない態度と言えます。

我々が生きているのは、他人の手柄もできるだけ自らの手柄として喧伝する、
そのくらいの事もできなくては実績を作れない時代なのです。
喧伝技術が磨かれれば、
「ゲームユーザーのすそ野を広げた」
などと、事実無根を通り越して、
それを実現したのはライバル会社ではないのですか?
な、強気の発言をできるようになります。
あとは、事実上ローンを組ませるゼロエンというのも、そうですね。

そんなわけで、直接の利益関係者は冷静な判断も、
まともなコメントも期待できない場合が殆ど、というのが現代社会ですから、
ここで私がまるで無関係な立場からお話をしようではないか、
というのが、今回の御話の骨子であります。

そもそも、この異常なスピードで変化していく現代社会において、
当事者の方が物事を客観的に判断している余裕などありません。
従って、戦略を組み立てたり実行したり模索したり、
といった行為は暇な人間にしか許されない、稀有な行動と言えるのでしょうね。

迂闊にも世界をリアルタイムに繋げてしまったおかげで、
経済や情報が世界規模で影響を与え合ってしまい、
ちょっとでも大きな概念を扱うお仕事をすると、
時差の関係で寝る暇も無くなってしまう有様ではないですか。
碌なビジョンも持たずに闇雲に技術革新なぞするから、
人が不幸になってしまうのですよ。


…前置きが長くなり過ぎてしまいましたね。
削除したら、きっと続きを書かなくなることでしょうから、
先に私なりの提案を書いておいて、
次回に論証を引き継ぐことにしましょう。
ま、次の更新があるかどうかは神のみぞ知るところですが、
この無計画さも、いかに当事者というものが戦略性を欠くか、
という証左となることでしょう。


さて、私の提案です。
「日本の教育カリキュラムから、英語教育を削除すること」


これが、これが我が国の百年後を考えるに当たって、
必須の決断となるのではないか、と思われます。
その根拠については、あれば、次回です。



posted by Kamellia at 23:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

空とフィールドの間に

少し古いニュースになりましたが、
『冥王星降格』という話題や新聞記事を、
皆さんも目や耳にしたことだろうと思います。

大きな扱いを各メディアにしていただいて恐縮であります。
そう、私の所属するフットサルチーム、冥王星オールスターズは、
今季をもって降格となりました。
やはり、チームぐるみで不正に勝敗を左右したのがよくなかったようです。

そんな冥王星オールスターズの消化試合が、本日行われました。
来期を占う上でも、重要な一戦と言えるでしょう。

冥王星オールスターズ 対 市ヶ尾 …

続きを読む
posted by Kamellia at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

Uncollected Jewel

どうやら私にはコレクター魂というものが欠落しているようです。

人生の何割かを損しているのかもしれませんが、
何かをコレクションして完成させることに殆ど興味が湧きません。
ペットボトルなどにフィギュア付きボトルキャップがくっ付くのが、
一体どのような観点でサービスになっているのかも理解に苦しみます。

私にとっては扱いに困るゴミが増えているだけで、
商品としての価値はむしろ下がっているわけですよ。
子供の頃からわりとそういった傾向があるのですが、
「行き着く先はゴミ」なものは私にとって大抵ゴミそのものです。

それにしても、この定義に従うと私自身が最初にして最大のゴミですなぁ…

七つ揃えれば願いが叶うものなら私も掴む気にもなりましょうが、
コレクションって、達成することに満足感を覚えるものなのですか?
それとも、集める過程に血湧き肉踊る何かがあるのでしょうか。
どこに力点をおいて楽しめばよいのかも判りません。

そういえば、かつては私もキン消しやらガン消しを
集めていた時期があった記憶があります。
ビックリマンシールやカードダスも持っていたような。
全部、ちょこっとずつですけれども。

何が面白いのか理解できなかったので、すぐに飽きて捨ててしまいました。
作られた希少価値というものに魅力を感じなかったのでしょう。
お金の臭いのする玩具はあまり良い玩具とは言えませぬ。
つくづく、可愛げのない子でした。
そして、今に至ります。

今の私が集めているもの、というと、
ひょっとすると漫画やら小説やら、がそれに該当するかもしれません。
が、私は純粋に話の続きを知りたいから本を購入するわけでして、
集めて満足したり、集積状況を鑑賞しても楽しいとは言い難いですね。
そろそろ本棚に空きが無くなって来ましたなぁ。やれやれ。

結局、主観的に物の見方になりますが、
私の部屋には私にとっての実用品しか存在しません。
ですから、たいそう殺風景なところでございますよ。

鉢植えの一つでも置いたら、少しは趣きが出るかしら。
今度、母校にでも帰ったときに、あの恰幅の良い恩師にねだって、
モウセンゴケかウツボカズラでも分けて戴きましょうか。


…と、ここまで来ても実用性から離れられない、私は哀しい生き物ですね。
いやはや、自分でも発想の骨髄にまで染み付いた貧乏性に呆れるほどです。

そもそも、実用性からいうと、室内で真っ先に淘汰されるのは、私です。
それに、ブログなどというものも必要ありませんし、
大きな枠組みでものを考えるならば、
人類という存在も特に必要とされているわけではありませんね。


kamelliaの呟き、worthless。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

眠れぬ夜のつとめとて

気がつけば更新が一月近く止まっているではありませんか。
誰も気にも留めないような粗末なあばら家ですが…
意外にもアクセスは日々蓄積しておるのですなぁ。

どうせ碌に更新もされませんし、
更新されたところでこんな質の文章しか出てきませんよ?

と、思ったのですが、
ここ一月の検索ワードのトップを飾るのはやはり、
もしも明日が晴れならば 感想」
わらべの人気も留まることを知らない時の中にありますね。
上から二人目のキャラクターのお名前がなんとも衝撃的です。私には。
可愛らしいお嬢さんではありませんか。実に結構ですな。
感想は、こんなところで宜しいでしょうかね。

次いで第二位は
「Memorial Tokimeki」
いつぞや、スクリーンショットを撮ってまでネタにしたことがつくづく悔やまれます。
使用された検索エンジンが[Yahoo!]なのが目を引いたので…
というのは、私の使用している忍者ツールのアクセス解析は、
[Yahoo!JAPAN]からのアクセスが多いことを伝えることが多いのですよ。
厳密に言うとこの二つは異なるサイトですよね。
どこからのお客様なのかIPを拝見しました。

すると、これがなんとまぁお隣の大国、中華人民共和国からのアクセスでしたよ。
しかも複数の端末からの。
…共産党政権に一体何が起こっているのでしょうか。予断を許しませんね。
美少女ゲームの魅力は国境を越えるのでしょうか。

これが人類普遍の価値だとしたら、
そんなゲームの感想だとかレビューだとか攻略情報だとか、
チートコードだとか裏技だとかウソテックイズといったものを掲載すれば、
私でも国際平和に貢献できるのでしょうか。

そんな世界は控えめに言って滅び去るが良いと思うのですよ。

気になる第三位の検索ワードは
「逡巡」
前の二つに比べると大人しい言葉ですが、
Google先生に尋ねると、意外と上位に現在地が示されるので驚嘆しました。
ちなみに「終日」で検索した場合、この最果てに辿り着くのは困難です。

第四位には根強い人気を誇る
「みそ字 フォント」
が入っています。
探せば見つかると思いますので、Google先生にでもご相談下さいな。
Yahoo!JAPANで検索なさっている時点で、
遠回りがお好きな方々なのでしょうけれども。

しかし、本当に導入するつもりで捜索しているのでしょうか。
私は15分くらいで飽きそうなので要りません。

そういえば、さんざんアニメ化を蹴っているというお話でしたが、
聞くところによるとドラマ化するんですって?
偏見のみで見通しを語りますが、
きっと原作のようなのだめの変態っぷりを表現できずに、
千秋ほどの知性や美貌を表現できずに、
炭酸の抜けたファンタのような出来になるのが関の山ではありませんかね。


そんなことより、
ジョジョの奇妙な冒険 第一部 ファントムブラッド
映画の公開予定は今秋のはずではなかったのですか?
ゲームの方は確認できたのですが、
これは一体どうしたことでしょう?

「映画化する」「映画化する」なんて弱虫の使う言葉はJOJOの世界にはないんですぜ?
「映画化した」なら使ってもいいッ!
posted by Kamellia at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

この国が平和だと誰が決めたの

人の涙も渇かぬ内に。

終戦記念日にちなんだお話でも書いてみましょうかね、と。
あまり政治的な意見を書くのは賢明な行為とは思われません。
このブログに求められているのはそういう要素ではないと思いますし。

我らが頼れる首相様が靖国神社に慌しく、逃げ去るように参拝をした、
というのが本日の大ニュースなのだそうですが、
そもそも、神社に行くだの行かないだの、
日曜学校に通うだの通わないだのということは、
何か公共の利益になるようなことなのでしょうか。

公約というのは一般にもっと政策的な内容についての約定であって、
「プリクラを撮る時はいつもこの角度」
「製法はともかく直径1.5mm以下なら糸蒟蒻」
「ゲームは一日一時間」
などなど、こういった自分ルールに近くありませんか?

勝手にしてくださいよ、そんなもの。
公費を使わないで下さいよ、そんなことに。
寿命が削られるほど忙しいのではないのですか、あなたは。

と思うのですが。

中国、韓国あたりの反応はかなり大袈裟に見えますが、
これらの国は日本の旧植民地であって、我々は旧宗主国。
彼らにとっての「解放記念日」に、
わざわざ宗主国の代表が当時の為政者の祀られている神社に行くのは、
ま、人によっては少々気に障るのであろうな、とは思います。

それと、ある国でナショナリズムが高揚しますと、
必ずその隣国でもナショナリスト達の主張が声高になりますので、
毎年この時期になると狼同士の遠吠えが共鳴しているかのような、
そんな様相を呈するわけですね。

戦争を知る世代がはかなくおなりになると、
各国に、比較的大きな分岐点が現れますよね。

それは日本においては、再軍備の議論となるでしょう。
韓国においては、北朝鮮との統一事業の議論が、
そして、中国ではきっと共産党政権に揺らぎが生じることでしょう。

斜陽の経済大国は平和主義、という大義名分を捨て去るのか、
民族主義は経済的な成功を放棄させるほどの連帯意識を生むのか、
世界最大の多民族国家は、分裂せずに維持できるものなのか。

これからの30年も、極東地区は見所たっぷりでお送りしますよ。
真っ先にキャストから消えるのは私だとおもいますけれども。

そうそう、折角ですから、平和への提言もしておきます。
これは自信を持って断言できることですが、
人類の叡智を結集してギリギリ勝てるかどうか、
というレベルの侵略宇宙人と地球が交戦状態に入れば、
アジア情勢は一先ず落ち着くことでしょう。


のっけから他力本願ですが。
これなら神頼みでもしたほうがはるかにマシですね。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

いつか動かなくなる時まで遊んでね

これもいつもの素朴な疑問というものですが、
競馬界というのは過激派動物愛護団体とは対立していないのですか?

莫大な利権も絡んでいそうなので、まぁ無事なのでしょうけれども、
彼らの言うところの可愛そうな、愛すべき動物と
殺戮対象の動物の境目はどこにあるのでしょうか。

家畜とそうでないものの間ですかね?
それにしては犬や猫などの哀願…おっと、愛玩動物は大切にしますよね。
血統書をつけて交配を管理するのは大切にしていることになるのかどうか、
私はどうやら犬や猫ではないので、わかったものではありませんが。

ネズミという生き物は、愛玩動物にもなりますよね。
本物の方は比較的冷遇されていて、
夢と魔法の王国で犬を友人にしたり飼ったりと忙しく立ち回っていたり、
100万ボルトの電流を放ちつつテレビの前のお友達を失神させたりと、
世界を股にかけた活躍をしている方々は…ネズミの原型を留めていませんな。

モルモットに至っては実験動物ですものね。
あ、話は変わりますが、皆様はNOGマウスという生き物をご存知ですか?
人工的に創造された免疫機構を一切持たないマウスで、
医療品の験体として世界中で重宝されているネズミです。
意外なことに開発に成功したのは
神奈川県で二番目に大きな我が市らしいのですが、
あまり良く知らない情報について書くのは止しましょうか。

サラブレッドの交配の状況は、
生命倫理の観点からすると結構問題があると思うのですが…
これはイネの品種改良を「遺伝子操作だ」と騒ぐようなものでしょうか。
桜肉も美味しいですもの。

作物のようなものならば、愛護、愛玩の対象にはならないのですかね。
ということは、例えば鯨の養殖に成功したら狩ろうが喰おうが
全く気にしなくなる…と?
しかし、ロブスターや鯛の活造りを残酷と評する神経については、
あまり有力な解説にはなりませんね。

先ほどから私が何をぐるぐると愚考しているかと申しますと、
人が愛するものと消耗品にするものの差を考証しているのですよ。
私はよく使い捨てにされますが、
いま少し人類と良好な関係を築きたいわけです。

傾向としては、何かしらの点で便利な生き物は、
感情を移入されて擬人化されやすいようですね。
擬人化さえ成功すればカエルだって愛されますから。
サンリオのデザインセンスには脱帽です。
「ふたりはいつも」の挿絵ではああは行きますまい?

擬人化ですか。当面の目標はその辺りにしましょう。
カエルよりも人類の役に立つところをアピールしたいと思います。
…勝てないかもしれません。

どなたか私を愛玩してはいただけないものでしょうか。
無茶は重々承知の上ですよ。


お客様の中に、虫愛ずる姫君はいらっしゃいませんか?
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

暴力は無能者の最後の避難所である

厳密に言うと誤差があるようですが、
ある聖人の死からの経過時間がどんな区切りをむかえようとも
人類自体に成長なぞ見込めないものですから、
今世紀もやはり、暴力の世紀になっております。

私の待ち望んでいた世紀末救世主は遂に訪れず、
パチンコ屋さんに行列を作るのに加担している始末ですよ。

暴力で人を支配できる、というのはやや時代遅れな発想だと思います。
ま、米英がそもそも力で押し切ろうとしたのが発端と言えなくも無いので、
両者の思考形態は実は、それほど隔たったものではないのかもしれません。

思考形態が似ているのなら、対話しなさいよ。
と思う私は、ま、平和ボケとやらをしているのでしょう。


また、「次」がありそうなので、
私はこの辺りで発言を控えたいと思いますが、
最後に、問題の終息を図る一手を。

今日付けでジョージとトニーが回教徒に改宗してはいかがでしょう。
何かこう、皆、真剣にやり合うのが馬鹿馬鹿しくなって、
問題も一気に鎮火とか、してくれないものかと。

オマル・トルシエは時代の先駆だと言いたい。
…わけでは、決して無いのですけれども。


さあみなさん御一緒に。
「アッサラーム!!」
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

九頭竜

先日、珍しくディズニー映画なぞを拝見しまして。

感想を一言で表すと、
「他のシーンは要らないからジョニーをもっと撮って下さい」
に尽きます。

何故か映画館で観たマトリクス・リローデットを髣髴とさせる
投げっぱなしな展開の映画です。

他に見所といえば、とある海賊船の船長さんの造型が、
あのクトゥルーそのままであることくらいでしょうか。
これはテレビのコマーシャルにもちらっと映っていますね。
気になる人には気になるデザインだと思います。

クトゥルー神話について、ある程度以上の知識と関心をお持ちの方は…
その精神のありようがちょっと心配です。
海底遺跡もしくは海底神殿ともいわれるルルイエに眠る、
あの邪神クトゥルーですよ。
太古の地球に飛来せし旧支配者たちの一角にして、深きものどもの長。

そもそも、ファン層がわかりませんね。
日本でそれほど知られている神話とも思えませんし、
オカルトともちょっとジャンルが違います。
純粋な神話として扱うのはやや抵抗があります。
かといってファンタジーというには余りに異色ですよね。

私がこの邪神群と接点を持ったのはとある学園の、
高等部の誇る新図書館(当時)の地下一階書庫です。

一体どのような邪悪な意図をもって誰が揃えたものかわかりませんが、
なかなかいびつで良い趣味だと思いますよ。
私は真面目にお勉強をしている振りをしてそんな本ばかりを読み、
己の真の主に思いを馳せていたのです。

私の残酷な世界では、人の主は他ならぬその人自身です。
どんな教えよりも厳しい結論だとは思うのですがね。
あ、私は人でなしなので関係がありませんが。
私がどれだけ苦悩しようが、神も仏も知ったことではありますまい。
私も、神や仏の悩みにまで立ち入るつもりはありませんし。

エルサレムに神も仏もあるものですか。

大きく脇道に逸れましたが、映画のお話に戻りましょう。


「海賊王に俺はなる!」とかいう素敵なアニメですよ。
いいからジョニーだけを映して戴きたいのですよ。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

塚に葬られる前に

本当にもう、ブライト艦長に敬礼をしなくては今夜の私は納まりません。



では、黙祷の済んだところで、毎度馬鹿馬鹿しいお話をひとつ。
これは私の素朴な疑問ってものなのですが、
ネクタイを締めているときに皆さんは、
どうしてそんなに苦しそうに振舞っていらっしゃるのでしょう。

いくつか考えられる例外を除いて、女性の方は
あの機能性において存在価値を見出し兼ねる装飾品を装着したことは、
無いものなのではないかと思います。
人のものを締めたことはあるのかもしれません。

こう、きゅっと、ね。ふふふ。

ネクタイの歴史につきましては、
あれはそもそも、とある軍で流行した弾除けのお守りのようなものです。
それがあの競馬のダービー卿のファッションから広まり、
今ではホワイトカラーの象徴のような流行をしております。

そもそもは兵装の一部なのですけれども。奇妙なことですね。
まぁ100年もしたら理解のされないファッションになっていることでしょう。

それはさておきまして、ネクタイが苦しいものだとお考えの皆さんに、
私は昔から暖めていた疑問をなげかけたいのです。

ワイシャツの首回りの径、合っていないんじゃありませんか?

もし、もしもご存じない方がいらっしゃったら、
これは大変なことですが、
ワイシャツは首の径に合わせていくつかのサイズから選ぶことができます。

「ブラウス 首」で検索すると、
何故か四つ足の生き物の晴れ着の購入を勧められるので、
女性の衣服にはその概念が無かったりするのでしょうか。

私は大体、首回りが40センチか42センチのものを着ています。
体格の割りに首が太いのは仕様です。
ネクタイというのはマンガやアニメで無い限り、
着ている服の襟に合わせて締めますので、
シャツが体に合っていれば、苦しくなるわけがありません。

ですから、何故ネクタイを窮屈がるのか私には一向に理解できないのです。
ゆとりをもってちょっと首回りが大きめのシャツを着て、
ゆったりとタイを締めると、いつもと違った寛ぎのある着心地になれます。
そうして、リラックスしてみると、普段はカリカリしていて見過ごしがちな
新しい視野も手に入り、常よりもお仕事がはかどるのではないか、
そんな提言もしてみる次第であります。

クールビズでも良いのですが、
私にとってはどちらも大差がないように感じられるのですよ。
ひと手間着替えから減ってくれるのは楽ですけれども。

いずれにしても、キツキツの下着はあまり良くない、ということですよ。
こう、心がギスギスしてしまいますからね。


ところで、私の首がそろそろ回らなくなってきた件につきましては、
債権者各位は広い心をもって、
ありのままの事実を余裕の笑みと共に受け止めて戴けると幸いに存じます。

猶予もください。はい。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

犬も喰はぬものなり

思い立ったが吉日、ということで久々の更新をしてみようと思い立ちました。
果たして吉と出るか凶と出るか皆目見当も付かないのですけれども。

どうでも良い話ですが、未だに私はタッチタイプができません。
思い切ってタイピングソフトでも購入すれば、
買ったことに満足してそのままにしてしまうこと請け合いですね。
時間と手間を掛ければ何がしかの進歩を期待しても良いのではないかと、
そんなことを考えていた時期もありました。

回数を刻めば無条件にナニカを上達すると言うのであれば、
生来続けている私の呼吸は永劫に止まらなくてもよさそうなものです。
実際には、呼吸を止める練習の方が簡単に成果が現れるのは
一体どうした法理の為す綾でしょうか。


とあるお店で冷たいお蕎麦を戴きながら、ちょっと考えてみたのですが。
お蕎麦というのは、ほら、ズズズッとすすりこみますよね?
こう、ズズッと、ね。

うーむ。
たまりませんな。

いつまでも口の中に入れてクッチャクッチャ噛んでちゃいけませんぜ。
こう、蕎麦ってなぁ喉で味わうもんなんですよ。
従って、一度に箸に取るのは一口分の分量でなくてはなりませんね。
それもこう、おつゆにベッタリ浸しちゃあ、
麺の味の良し悪しもわからない状態になりまさぁね。

とかいうのはきっと小学生の頃に読んでいた落語から学んだのでしょう。
私の家では非常に軽い扱いをされているお蕎麦について、
こんな通っぽいお話が聞けるわけがありませんものね。

はて、何の話をしかけていたのかしらん。

あ、ズズッと麺類をすすりこむお話ですよ。
あれが出来ない、若しくはしない、という方もおられますな。
服を汚したくない、という観点もあるので、
女性の方に多く見受けられるのではないかと思うのです。

確かに、カレーうどんなぞを元気良くすすった日にゃあ、
一張羅は台無しですよね。
一張羅まで着てカレーうどんを食べている状況はやや特殊ですが。

ところが、ここで私は一つ誤解を解いて置きたいのですよ。
こうして書いていると、服を汚してばっかりのようですが、
麺類をすする、というのは全く意味の無い食事法というわけではないのです。

これは冷たいお蕎麦をすすっていても効果を実感するのは難しいのですが、
熱いものを戴いている際に真価を発揮するのです。

数ヶ月前に猫舌である自分に開眼した私ですが、
その私が楽しんで麺類を平らげているのは、この習慣のお蔭なのです。

こう、ズルズルッとやっていると、
口の中には熱々の麺と周囲の空気が供給されるわけですよ。
私の経験則では7:3くらいが程よく簡単お手軽で便利ですね。
伸びる前にいただく為の必須テクニックってものです。

幼い頃に江戸っ子な蕎麦ッ喰いに憧れて始めたことなのですが、
なんとなくこじ付けでも弁護してみたくなりまして。

まぁ、どちらかと言えば、
夜な夜な美女の生き血をすする生活にこそ、憧れていた時期もありましたが。

あ、白状しますと、こちらは今でもちょっと憧れております。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

言の葉さらさら

普段はそれほど気にもしないことですが、
戯れに更新を停止してからも四ヶ月近くアクセスが途絶えないのは、
何か、不自然なような気が致しました。

あ、先日の記事にさらっと書きましたが、
アクセスゼロを達成したのは6月23日のことです。
それまでの間、物好きな方やら検索ロボットの誤作動に巻き込まれた方が、
不幸にもここで一瞬の時間を無駄にしていらしたわけですが、
更新も長らくしておりませんでしたし、そもそも話題性の無いこのブログに、
客足が途絶えないのはおかしいではありませんか。

そこで、アクセス解析を参照してみたのですよ。

改めて書いておきますが、
このブログはアクセス解析を使用しております。
特に用事もありませんが、IP等を把握されるのがお嫌な方は、
プロキシを使っていらしては如何でしょうか。
ま、mixiから来ている場合は何をしても台無しですけれども。

ついでながらご紹介いたしますが、
私がお世話になっているのはNINJA TOOLSさんのアクセス解析です。
何が記録されるのか気になる向きは一度御覧になってもよろしいでしょう。

話を戻しますが、4月と5月を中心に、
「もしも明日が晴れならば」という検索ワードでここを訪れた方が、
概算で70人以上いらっしゃったのですよ。

ちょっと記憶になかったので調べてみましたが、
2004年の9月27日に、そんなタイトルで記事をアップしておりました。
例によって他愛も変哲も無い内容ですよ。
勿論、「わらべ」のあの曲から歌詞を引用した…というほど、
大袈裟な行為ではありませんが…ま、そういったことをしたわけです。

ここで、「レトロな曲も名曲なら根強い人気があるものですね」
と思っていられたなら、私はどれほど幸せでいられたでしょうか。
しかし、私のこの粗末なあばら家にこれだけの人が立ち寄るからには、
「もしも明日が晴れならば」という検索ワードは、
千人単位で検索されていなければならない計算になります。

と、いうことは何か私の預かり知らぬところで、
この言葉に纏わる何かが動いていなくてはおかしい、ということですね。

では手っ取り早く、私も検索してみましょう。
原因は不明ですが、こことの親和性の高いYahoo! JAPANさんで…
余談になりますが、
私は普段わからないことがあるとGoogle先生に質問することが多いですね。
なんと言っても先生は博識ですから。

さて、検索結果は、と。コレですか。なるほど。そう来ましたか。

はぁ…可愛らしいお嬢さん方ですわね。
あら?これはひょっとすると18歳未満は見たらマズいページなのでしょうか。
なんだかそのような予感もしますね。
大きいお兄さんのお友達が対象ですよね、きっと。


この可能性は考慮に入れていませんでしたよ。
世界は私の知らない内にも歪みの度を増しているのですね。
人類なんてもう滅びてしまえばいいと思います。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

暑中に夏あり

皆様、ご無沙汰しております。

先日、目標としておりました、
「訪問者ゼロの日」を達成したため更新を再開したのですが、
長きに渡る更新停止と長引く不況と少子高齢化の影響もございまして、
お恥ずかしながら自分の文体を見失っております。

コメント欄にてご親切にも指摘を下さったCAPYKA様を始め、
突っ込み、告白、独白、独逸住まいなどの形で私を心配して下さった皆様、
ご配慮に深く感謝致します。

その配慮が来年の2月中旬あたりにもう一度花開くことを願ってやみません。

有志一名による反省会並びに壮行会の結果、
先日の更新にて私の文体が変調を来たしていた理由の候補が
いくつか挙がって参りました。

・そもそも文体なぞ確立した覚えがなかったため
・「恋愛」などという不慣れなジャンルに挑んでしまったため
・思わずジェフ千葉の都合に思いを馳せてしまったため
・ボールが急に来てしまったため
・魂をフランスに置き忘れてしまったため
・日清のCMに出ていた頃の自分を思い出してしまったため

以上の六点が主たる原因と呼べるものかと思われます。

その中でも、特に、
・私の部屋には現在、冷房機器が存在していないため
という点が直接的な原因となっているとの結論に達しました。


もう、無理です。
あと数日の我慢なのですが、今度はしばらくネットが使えなくなります。
復旧までどのくらい掛かるものやら見当もつきません。
ですから、またもや更新が停止いたしましたら、
皆さんは私が涼を求めて旅に出て帰らぬ人となったことを盛大にお慶び下さい。


その際には私も皆さんに付き合って草葉の蔭で一杯やりたいと思います。


「草葉の蔭」が涼しげに見える今日この頃です。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

最初に言い出したのは誰なのかしら

たとえそれが気に入らなくとも、私と世界は繋がっているのですね。

あ、いえ、特に意味の無い呟きですよ。
別に、繋がりを絶ってみたいなんて、思っていません。ふふふ。

さて、久方ぶりの更新再開にあたりまして、
早速ネタが切れたのでCAPYKA様にぶら下がってみることにします。


リハビリには、ちょっと重いですね。
「恋愛バトン」です。

どうせ真面目には答えないので、
お暇な方がご覧になれば良いと思います。続きを読む
posted by Kamellia at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ふと はらり

「ジャニーズにいそうな感じだよね」

「あと20歳若かったら」

これは、とある若者によるkamellia評です。
やや歳若いながらも異性によるものなので、
ま、私も全く気に留めないわけにもいかないとは思うのですが。

そもそも、ジャニーズ事務所に所属していそう、という表現は、
褒められているのか貶されているのか、どちらでしょうか。

何故だか、あまり、嬉しくないのですが。

それと、追加された条件についてですが、
ジャニーズJr.という団体は、私は寡聞にしてよくは存じませんが、
メンバーに幼稚園児を募集しておられるのですかな。

ふむ。どんなお仕事がいただけるのか、楽しみです。
どなたか若返りの妙薬なり、
時間の加速・減速効果のある風呂敷などをお貸し願えませんでしょうか。
この際、「偉いねぇ〜」な方法でも甘んじて受け入れようではありませんか。


体は子供、頭脳は…一緒に子供になりますよね、普通。
posted by Kamellia at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

遺言状

丁度、良い機会なので、ここに私の遺言状を作成しておきます。

本来ならば元日にアップするつもりだったのですが、
諸事情が私にそれを許さなかったので、ここまで日程がずれこんでしまいました。

続きを読む
posted by Kamellia at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

油断も隙もあったものではありません

これは、見たらすぐにやらねばならないバトンらしいのですよ。
今、本当に時間が無いというのに。イグニ氏にしてやられました。

■今、どこに居る?

自宅です。仮住まいというものですが。

■今、一番近くに誰が居る?

父か母のどちらか。もしくはこの部屋に棲む幽霊。

■今、どんな服装?

室内着ですね。Tシャツにジャージ。

■今、何食べたい?

ごはん。ほかほかのものを。あとは、まぁ、異性。ごめんなさい、嘘です。

■今、何飲みたい?

美味しい紅茶が飲みたいです。

■今、真後ろには何がある?

壁。ないしこの部屋に棲む例の。

■今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?

意外とぎゅうぎゅうになったトランク。

■今、誰に会いたい?

誰にもお会いしたくありません。

■その人に今伝えたいことは?

お元気そうでなによりです。

■今一番歌いたい曲は?



■今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?

そーれそーれ、鉄骨娘。

■今の体調は?

寝不足気味。

■今どんな気持ち?

時間が無い、と焦り気味です。珍しいですね。

■今すぐこのバトンやってもらいたい人

みんな、逃げて逃げてー。
posted by Kamellia at 03:56| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

左様なことはありません

duftさんより頂き物がございまして。

でも、ここから先はあんまり見ない方が良いかと思います。
私はあまり固いことを言いませんが。

 ここをクリックしてはなりません
posted by Kamellia at 03:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

夢の中でだけど傍にいて

某所で妙なことをしていたので、
私も遅ればせながら挑戦してみました。

これは占い、ですか。

 続きを読む
posted by Kamellia at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

こんなかんじ

KJ氏より漢字バトンを戴きました。

ふむ。最近、この手の更新が多いですね。
楽といえば楽なのですけれども。

 続きを読む
posted by Kamellia at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。